パソコンインストラクター養成講座 通信講座

パソコンの知識を活かして、パソコンインストラクターとして活躍しませんか?

パソコンインストラクター

[check]初心者でも始めることができる6カ月で学ぶ完全マスターコース
[check]検定試験対応
[check]Windows 10/Office 2016対応 ※Office2013対応版に変更可


パソコンインストラクターの仕事とは

やりがいのある仕事!楽しい仕事!学びながら収入を得る仕事!
それがパソコンインストラクターの仕事です!

すでに皆様もご承知の通り、日本国内のIT環境は、ここ数年で様変わりしました。パソコンやインターネットは急速に普及し、すでにほとんどのご家庭には、パソコンやインターネットが浸透しています。

「知りたい情報は、インターネットで調べて解決!」「書籍も日常の買い物も全てネットショップで購入」「デジカメで撮った写真はパソコンに取り込んで編集し、インターネット上から注文」「友人との会話は、インターネット電話やチャットで!」「仕事は在宅勤務に切り替え、会社への報告は電子メールで」など、仕事もプライベートも、今やパソコンとインターネットは必要不可欠なツールになりつつあります。

しかしその一方で、デジタルデバイドは加速し、「情報格差=収入格差」も広がりつつあります。これからの時代、「パソコンとインターネットは必要不可欠なツール」となり、その知識の有無により、収入格差も更に拡大する傾向にあります。

このような中、大変不足しているのが、パソコンの使い方を“分かりやすく楽しく教えてくれる”パソコンインストラクターです。「受講生が、パソコンで何をしたいのか?」の情報を聞き取り、受講生一人一人のスキルやニーズに応じて、「パソコンで何ができるのか?」を提案し、その操作方法を分かりやすく教えることのできるパソコンインストラクターが、これから益々求められます。


活用事例

パソコンインストラクター養成講座修了後には、さまざまな形で活躍できる場面がたくさんあります。

活躍できる一例や、実際に活躍されている方の事例をご紹介します。

[check]パソコン教室のインストラクターとして活躍
[check]パソコン教室の経営者として活躍
[check]週末や空いた時間を利用した副業として活躍
[check]出張訪問によるパソコンサポーターとして活躍
[check]遠隔操作によるパソコン講師として活躍
[check]学校や地域のボランティア活動として活躍 など

独立開業

活用事例その1
独立開業<自宅を拠点に教室経営>

Aさんは会社を早期退職し、パソコンインストラクターとして在宅ビジネスを立ち上げることを決意。綿密な事業計画書を作成し、会社を設立した。事業をスタートさせた後は、毎日地域を戸別訪問して歩き、パソコンサポートの契約を取り、今ではパソコン家庭教師の事業を軌道に乗せています。

スタート当初は、事業内容にサポート業務は含まれていなかったが、個別訪問営業を行っているうちにニーズに気付き、実行してみると少しずつ仕事が入り、サポートが突破口になって家庭教師の契約も取れるようになりました。
Aさんは、事業に真剣に取り組んだこと、JPITAから営業方法について様々なアドバイスを受けることができたこと、そして家族の協力によって成功の糸口をつかむことができました。


活用事例その2
パソコン教室のインストラクターとして活躍

Oさんは、OLからパソコンインストラクターに転身。最初は、パソコン教室にお願いしてアルバイトのインストラクターとして雇ってもらい、経験を積んだ後に独立。
現在は、パソコンサポート業務を中心に活動している。最近のパソコン教室にはシニア受講生が多くなっており、これまでの経験と知識だけでは受講生を満足させることが難しいと感じています。これからは、インストラクターの資質も変わらなくてはいけないと実感。シニア受講生が満足できる教え方を確立することの必要性を痛感し、現場経験の豊富なインストラクターとして、インストラクター養成講座や検定テキストの制作に携わっています。

パソコン教室のインストラクター


パソコンインストラクター

活用事例その3
初心者を対象としたインストラクターとして活躍

パソコンインストラクター養成講座を修了後、神奈川県川崎市産業振興会館にて、JPITA専属講師として活動しています。朝9時から夜9時まで、パソコン初心者を対象とした集合講習が中心で、受講生は主に中高年の方が多いです。同じ目線で教えることができるのが私達の強み!毎日楽しく講習を行っています。


活用事例その4
家庭教師紹介会社からの派遣で活躍

私の場合は家庭教師で教えているのですが、特に何かテキストのようなものを用意しているわけではなく、予定も特にたてず、受講者の知りたいことを、その方のペースで教えています。 何かの操作が分からなくて困ったあげく、講習を依頼してくる方が多いからです。
ですから、初めの2回くらいの講習の内容はほとんど受講者の質問に答えるといった状態になります。はっきり言って、『質問に答えてくれればいい』的な方も多いと思います。

シニア世代のニーズは、ホームページ作成かデジカメ画像処理に集中しているように思います。主婦の方は、自宅のパソコンを自分でも使い、ホームページを作成したいなど。男性はデジカメでとった家族や趣味の写真をなんとか加工調整したいということが多いです。

ホームページに関する質問は何がとんでくるか分からないので、 「調べて連絡しますね」という場合もあります。質問にすぐ答えられなかったときは 代わりに、パソコンの裏技的なことを教えてあげたり、面白いサイトを紹介したりしています。なにか得した気分になってもらえたらと思ってしています。

パソコン家庭教師

パソコンインストラクター養成講座では、パソコンインストラクターとしての知識や、教え方のノウハウを学ぶことができます。

今求められているプロのパソコンインストラクターとして活躍してみませんか?